「存在の意」尾花成春 1994 “Meaning of being”

「存在の意」尾花成春 1994
“Meaning of being”

吉井のIさんが逝去された。尾花成春の古くからの友人であり、そしてまた良き理解者でもあった。会うたびに延々と絵や哲学の話をされていたようだ。

光画堂を始めたことをとても喜んでくれ、焦らずゆっくりやりなさいと助言をくれた。(先行きが明るくないことを見越してあったのだろう)

訃報を聞いた時、ちょうど撮影していた絵の裏に尾花成春が書き残していた言葉を見つけた。単なる偶然かもしれないがちょっと恐ろしくもなった。

「昔、神を信じていた時代、事物の一つ一つを克明に描くことはその対象ではなく神の摂理を一体として描いた。」
I氏の手紙より。

吉井の知の巨人が天に還った。
合掌。

Mr.I living in Yoshii-town has passed away. A longtime friend of OBANA Shigeharu, and also a good sympathizer. Each time they met, they talked endlessly about painting and philosophy.
When I opened the Gallery Kougado, he was very pleased and advised me to proceed slowly and little by little without rushing. (He would have foreseen that there was no immediate success.)

When I heard the obituary, I was surprised to find the words that OBANA Shigeharu wrote down behind the picture I was shooting at that time.
It may be just a coincidence, but that coincidence has become a little frightening.

“In the days of believing in God in the past, drawing each and every thing carefully was not the subject, but one of God’s providence.”
From Mr. I’s letter.

The intellectual giant of Yoshii has returned to heaven.

#尾花成春 #九州派 #ギャラリー #うきは市 #obanashigeharu #kyusyuha #abstractart #abstract#obanashigeharu #kyusyuha #artwork #contemporaryart

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
カテゴリーart