「九州派 / 東京地方 突如来演 2020」展

「九州派 / 東京地方 突如来演 2020 』展
2020.12.7~12.26 13:00~18:30 日・水休廊
画廊香月  03-5579-9617
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル605

九州派は1950~1960年代、何度も東京地方へ殴り込みをかけていました。60年の時を経て、東京・銀座に九州派が舞い戻ります。
タイムスリップしたようなレトロなビルの一室で今の九州派をご堪能ください。

「反芸術と九州派について」

なかお画廊での「九州派展」オープニングイベントとして、11/7 17時より蔦谷書店熊本三年坂カフェスペースで熊本県立美術館学芸員の林田龍太氏による講演会「反芸術と九州派について」が開かれます。Don’t miss it!

熊本にて九州派プロジェクト第二弾

九州派プロジェクト第二弾のお知らせ。博多阪急に続いて、熊本・なかお画廊で「異彩を放つ九州派」を開催いたします。規模は小さくなりますが、厳選された作品が展示されます。お楽しみに!

宮津大輔氏 新刊

世界的コレクターであり、横浜美術大学学長でもある宮津大輔さんの新刊が出ました。「新型コロナはアートをどう変えるか アートは死なず」
タイムリーな一冊です。尾花もP.159に少し登場しております。
宮津さんには今回の博多阪急のアートイベントにも色々アドバイスをいただき、有益な話も伺う事ができました。


#宮津大輔 #アート書籍 #アート本 #光文社新書

THE ART STATION at 博多阪急 のお知らせ

アートイベントのお知らせ
今年のAFAF(アートフェアアジア福岡)はコロナの影響で中止になりました。
しかし10月、博多阪急で新しいアートイベントが開催されます。
7階のイベントホール”ミューズ”では、1950~1960年代の福岡を中心に前衛アート旋風を巻き起こした ”九州派” のメンバー15名の作品を展示販売いたします。九州派時代だけではなく、解散後の活動にも大きくスポットを当てた初めての企画です。
8階催場では”Kyushu New Art”の名のもとに、福岡に関わりのある現在活動中の現代アートの作家47名の作品が並びます。絵画、写真、立体、インスタレーションと多岐にわたるアート作品をご覧になれます。また、会場にはマヌコーヒーの特設ブースも開設。美味しいコーヒーとアートのコラボレーションが楽しめます。
他にも1階のメディアステージ、各階のステージでも色々なアート作品を展示販売いたします。
また、アートのショッピングサイト “ART SCENES” にも特設サイトを設けています。
博多阪急、全館を使った”The Art Station” へぜひお越しください。
THE ART STATION 博多阪急
2020.10/13(火)〜10/18(日)
10:00~20:00 (最終日は17時まで)

artTNZ 会場をVRで

「くにさきより」1991 SM  尾花成春

東京・天王洲のTERRADA ART COMPLEX Ⅱで開催中の artTNZ。画廊香月から尾花成春も出展しています。以下のサイトで会場の模様をVRで見ることができます。
https://360artroom.net/gallery/33/

#尾花成春 #九州派 #ギャラリー #うきは市 #obanashigeharu #abstractart #abstract #obana shigeharu #kyushuha #artwork #contemporaryart #arttnz #gallerykazuki